天然と合成どちらがいいの?

一般的に栄養素をとれば大丈夫と思われがちですが、サプリメントには天然と合成の2種類があります。 例えば、ビタミンEでは天然ではd-α-トコフェロール、合成ではdl-α-トコフェロールと構造的に違ってきます。

また、天然といっても、天然のそのままの素材を濃縮した商品と天然素材から抽出して精製されている商品なのかも違いがあります。
天然素材のままの商品の場合は、その成分を体内に取り入れやすい状態になっています。
かわりに精製された商品はその成分だけを多量に摂取することは可能ですが、体内に吸収されやすいかどうかは一緒に摂取するものと関係していくので、注意が必要です。
とある実験で、天然ビタミンCの濃縮商品と精製したビタミンCの商品を同時に摂取した場合、カラダの組織に十分なビタミンCが内場合は尿中から精製したビタミンCが豊富に排泄され、カラダの組織にビタミンCが十分にある場合は、濃縮したビタミンCが豊富に排泄されたそうです。
精製と天然のままという違いでも、吸収の違いがあるようです。

例えば、ミネラルは合成化合物が存在します。 合成ミネラル化合物の場合は、グルコン酸カルシウム、クエン酸カルシウム、天然ミネラル化合物の場合は、炭酸カルシウム、りん酸カルシウムと成分で違いがあります。 またこの抽出方法で精製してあるのかそのままなのかでも違いあり、精製してしまうとビタミンcと一緒にとると活性酸素を発生させてしまうなどいろいろな問題が出てきてしまいます。
なので、精製されたカルシウムを摂取する場合は注意が必要です。

新着情報いろいろ

2012/11/21
摂取の仕方を更新
2012/11/21
天然と合成を更新
2012/11/21
副作用を更新
2012/11/21
なぜ必要?を更新
2012/11/21
サプリが必要を更新
2012/11/20
ホームページリニューアル